登記済権利書(とうきずみけんりしょ)

不動産の権利に関する登記をしたときに,登記完了後,法務局から一度だけ交付される書類のことです。所有権とか,地上権とか,抵当権とか,いろんな種類の登記済権利書があります。ただし,一般に,「登記済権利書」「権利書」「権利証」などといわれるのは,所有権に関する登記済権利書だけです。住宅を購入したときに登記をして,司法書士から渡される登記済権利書のことです。
登記済権利書は,不動産の権利そのものではなく,その権利者であることを証明する一つの書類です。次にその権利を処分する際に,法務局に提出して,本人が関与していることを確認する書類として使用します。
なお,不動産の登記について定めた不動産登記法が大改正され,今から登記する分については,登記済権利書は発行されます。代わりに「登記識別情報」というパスワードが発行されます。ただし,既に発行済みの登記済権利書はそのままで,差し替えなどはされません。