登記識別情報(とうきしきべつじょうほう)

不動産登記法が大改正される前の「登記済権利書」とほぼ同じものです。従来のように書面に法務局の印鑑がおされたものではなく,パスワードが紙に印刷された形で通知されます。登記済権利書のように,紙自体に意味があるわけではなく,そこに記載された情報(パスワード)に意味があります。
登記識別情報は,登記申請をして権利者になった人に,登記が完了すると同時に交付されます。登記識別情報自体は権利そのものではなく,その情報を持っている人が,その権利の持ち主であると証明する一つの情報に過ぎません。次にその権利を処分するときに,法務局に提出して,本人が関与していることを証明します。