登記の対抗力(登記の対抗力)

登記をすることによって第三者に対しても登記された権利を主張することができる効力のことです。民法177条には次のように書かれています。不動産取引をすると,資金決済と同時に直ちに登記をするのはそのためです。
民法177条
不動産に関する物権の得喪及び変更は,不動産登記法その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ,第三者に対抗することができない。