登録免許税(とうろくめんきょぜい)

登記,登録,特許,免許,許可,認可,認定などを受けることに対して課される国税で,流通税の一つです。不動産登記を例にとると,登記をすることによって所有権移転などの権利移転の効力が守られるので,その利益に対して課税するものと考えられています。登録免許税は,登録免許税法という法律が根拠法になります。