特定遺贈(とくていいぞう)

遺言によって,特定の遺産を譲渡することです。例えば法定相続人以外の第三者に対して,次のような遺言をした場合です。
「遺言者は,甲野太郎さんに対して,今住んでいる住宅の土地建物を遺贈する」
さて遺贈には,特定の遺産を譲渡する「特定遺贈」と,遺産の全部又は割合的一部(1/2,1/3,,)を譲渡する「包括遺贈」があります。包括遺贈は限りなく相続に似ているので,包括受遺者(包括遺贈で遺産の譲渡を受ける人)は,相続人と同一の権利義務をもつとされ,相続の承認放棄,相続放棄,遺産分割などについて,相続人と同一の取扱いを受けます。なお,無償で財産を譲渡することも,受遺者に対する負担付で財産を譲渡することもできます。