特別縁故者(とくべつえんこしゃ)

人が死亡して相続人の不存在が確定した時,本人の請求にもとづく裁判所の判断により,家庭裁判所から相続財産の全部又は一部の分与を受けることができる者のことです。
人が死亡して相続人があるかどうか明らかでない場合,相続財産は法人になります。法人になった財産は相続財産管理人が管理し,相続債権者や受遺者に弁済をするとともに,相続人を探す手続をします。しかし一定期間が過ぎても相続人が出てこない場合,家庭裁判所は,この特別縁故者に相続財産の全部又は一部を分与することができます。それでも残った相続財産は国庫に帰属します。
なお,特別縁故者とは,「被相続人と生計を同じくしていた者,被相続人の療養看護に努めた者その他被相続人と特別の縁故があった者」のことです。個人でも法人でかまわないとされます。