祭具(さいぐ)

宗教儀式に使われる器具、祭り(祀り)に使用される道具のことです。仏教では仏具、神道では神具と呼ばれたりします。仏壇や祖霊舎(御霊舎)の周辺の道具などを指します。現在の民法は、財産の相続を意味する遺産相続であること、複数人が共同で相続人になる共同相続を認めていることなどに特徴があり、祖先の祭祀や宗教的なことには立ち入らないことになっているのですが、祭具などは、一応財産的な物であるとはいえ、宗教儀式と結びついた特別の財産ですので、法律もそららの相続について特別の取扱いをしています。具体的には、系譜・祭具・墳墓の所有権は、慣習にしたがって、祖先の祭祀を主宰する者が単独で相続することになっています。