財産分与請求権(ざいさんぶんよせいきゅうけん)

離婚した一方が相手方に対して婚姻中に築いた財産の分前を請求する権利のことです。財産分与の法律的な性質については、「夫婦の共同財産の清算」、「慰謝料」、「離婚後の扶養料」の要素があると考えられています。遺産相続との関係では、清算的財産分与の請求権と慰謝料的財産分与の請求権は財産権として相続の対象となりますが、扶養的財産分与の請求権は、一身専属的な権利であるとして、相続の対象にならないものと考えられています。