祭祀(さいし)

祭祀(さいし)とは、神様や祖先を大切にする行いのことです。神や祖先を祭る(まつる)、祀る(まつる)ことであり、簡単にいえば、宗教のことです。現在の日本国憲法では、信教の自由が保障されており、法律はできるだけ宗教にはタッチしないことになっています。民法の相続法も、基本的に、財産の相続だけを認めており、「家や宗教そのもの」の相続については定めていません。ただし、系譜・祭具・墳墓といった、祭祀に関係する「財産」については、あくまで「物」であり、「財産」ですから、特別に相続の規定を置いて定めています。これらの財産はほかの財産の相続とは切り離して、祭祀を継ぐものが継ぐことになっています。