祭祀財産(さいしざいさん)

民法上、系譜・祭具・墳墓のことを祭祀財産(さいしざいさん)といいます。系譜とは家系図のことです。祭具とは宗教儀式に使用される道具のことです。墳墓とはお墓のことです。これらの祭祀財産はあくまで「物」であり「財産」ですから、「祭祀そのもの」「宗教そのもの」とは異なるわけですが、祭祀や宗教と切り離すことはできず、一体として管理すべきものですから、民法上も特別な取扱いがされます。つまり、祭祀財産の相続においては、一般の財産の相続とは切り離して、祭祀・宗教そのものを継ぐものが、これらの財産も当然に継ぐことになります。