再代襲相続(さいだいしゅうそうぞく)

子が親より先に亡くなっている(死亡、相続欠格、相続人廃除も含む)場合、孫は子を代襲して相続人になりますが、さらに孫も亡くなっている場合、孫の子が孫を代襲して相続人になります。この場合の相続を、再代襲相続といいます。なお、兄弟姉妹が推定相続人になっている場合に、兄弟姉妹が被相続人よりも先に亡くなると、兄弟姉妹の子が兄弟姉妹を代襲して相続人になりますが、さらに兄弟姉妹の子が無くなっていても、再代襲相続にはなりません。再代襲相続は、直系卑属が相続人になる場合に限ります。