再転相続(さいてんそうぞく)

ある相続が開始して、「相続人が相続の承認や放棄をしない間」に、その相続人が亡くなって、さらに相続が開始した場合の、この二番目の相続のことを「再転相続」といいます。再転相続の相続人は、一番目の相続の「承認や放棄をする権利」も相続しますので、原則として、それぞれ別個にこの権利を行使することができますが、ただ、二番目の相続を放棄したときは、一番目の相続について、承認放棄する権利を失うとされています。