死因贈与(しいんぞうよ)

贈与者の死亡を不確定期限(始期)とする、贈与者と、受贈者との間の、贈与契約です。契約ですから、生前に、当事者間の合意が必要です。遺言者が、遺言で財産を譲渡する「遺贈」とは区別されます。遺贈は、生前に、受贈者の承諾の必要がない単独行為であって、契約ではありません。ただし、死因贈与も遺贈も、人の死亡によって財産の譲渡の効力が生じる法律行為ですから、様子が非常に似ているので、死因贈与の効力については遺贈の効力に関する民法の条文が準用され同じ取扱いを受けます。もっとも、死因贈与はあくまで契約ですから、遺言のように作成の方式は決められていないし、未成年者が単独ではできないなど、やはり違いがあります。