事業承継(じぎょうしょうけい)

ある人が持っている経営に関する支配権を別の人に引き継ぐことをいいます。親から子へ引き継ぐケースや、第三者が引き継ぐケースもあります。また個人事業であったり、会社組織であったりします。中小企業を取り巻く経済環境が厳しいこともあり、事業承継に関しては、これをやりやすくするために、税法上特別の制度が用意されています。いわゆる「事業承継税制」と呼ばれるものが一つです。これは、会社の株式を生前贈与したり相続により取得したりしたときに、一定の要件のもとに、贈与税や相続税の納税を猶予する制度です。もう一つは、「特定事業用宅地の特例(小規模宅地等の特例)」で、一定の要件のもとに、特定の事業用宅地について、相続税の課税価格に参入する金額を減らすことができます。