時効取得(じこうしゅとく)

一定期間他人の物を占有しているとうい事実状態だけでもって,権利の取得という法的効果を認める民法上の制度です。ある人が時効取得すると,ある人は権利を失います。時効取得や時効制度は,「長年継続した事実状態の尊重」「もはや真実の権利関係の立証が困難である」「権利の上に眠る者は保護しない」といった理由から認められていると解釈されています。20年間占有して時効援用の意思表示をするか,10年間無過失で占有して時効援用の意思表示をすると取得時効が認められます。なお,時効の効果は時効期間の起算日に遡りますので,例えば占有中の土地の利用から得られた収益(法定果実)は,時効取得をした人がそのまま取得します。