死後事務(しごじむ)

人が亡くなった後の葬儀,埋葬,死亡届の提出といった諸手続や,家の片付けなどの事務全般のことです。例えば不動産や預貯金といった遺産の相続手続は,遺言で決まっていればそのとおりに,遺言がなければ法律どおりに相続手続をしますが,宗教的なことや,行政の手続,その他身の回りの片付けなどは,基本的にこれに含まれません。相続遺言で処理できること以外で必要になる死後の手続が「死後事務」です。死後事務について,親族等に任せられる方は問題ありませんが,身寄りがなかったり,特定の人に権限を任せたいときは,「死後事務委任契約」という契約を締結することになります。