死後事務委任契約(しごじむいにんけいやく)

人が亡くなった後の葬儀,埋葬,死亡届の提出といった諸手続や,家の片付けなどの事務全般のことを他人に任せる委任契約のことです。死後の財産の処分については遺言書で決めることができますが,遺言書に書けること(遺言事項)は法律で決まっていて,それ以外のことを書いても法律的には効力がありません。そこで,遺言書に書いても法的効力がないような,葬儀,埋葬,死亡届の提出,家の片付けといった事務一式について特定の人に任せたい場合,「死後事務委任契約」を締結しておく必要が出てきます。死後事務委任契約は委任契約です。委任契約は,一般的に,委任者の死亡によって契約が終了しますが,死後事務委任契約には,「委任者の終了によっても契約は終了しないという特約」を付けます。民法には契約自由の原則という考え方がありますので,このような契約ができます。