死後認知(しごにんち)

父親の死亡後に,非嫡出子と自然血縁関係にある父親との間の親子関係を成立させる法制度のことです。認知とは,父親と非嫡出子との間の親子関係を成立させる意思表等のことですが,認知には,任意認知と強制認知の二種類があります。任意認知とは,文字通り,父親の任意の意思表示で行われる認知のことで,生前に自分で戸籍届出をする認知と,遺言による認知があります。強制認知とは,家庭裁判所に訴えてする認知です(認知の訴え)。子又は一定の関係者が,父を訴えます。父の生前にするのが原則ですが,父が死亡してから3年以内であればできます。「死後認知」とは,死後に行われる認知のことですから,任意認知のうち遺言で行われるものと,強制認知のうち死後に行われるものをいいますが,特に後者のみを指して死後認知ということもあります。