事実婚(じじつこん)

法律婚に対比できる言葉で,市町村役場に婚姻届を出して法律上の婚姻をしているわけではないが,社会慣習上,婚姻をしているのと同様の事実状態にある男女関係のことです。内縁関係とほぼ同じ意味です。この事実婚に,どれだけの法的な保護を与えるのか(事実婚の成立や解消の際にどの程度法律婚と同じような取扱いをするのか)ということが問題になります。例えば,事実婚を生前に解消する場合,離婚と同様の取扱いを受けます。つまり,財産分与や慰謝料請求権が認められます。一方,事実上の配偶者(内縁配偶者)には相続権がありません。その他,借家権や遺族給付など,法律で特別の手当てがされているものもあります。