失踪宣告(しっそうせんこく)

ある人が一定期間行方不明で,生きているか死んでいるか分からない場合に,裁判所の決定によってその人を法律上死んだとみなす制度です。生死不明の状態が長く続くと,その人の財産や関係者の身分関係が放置されて困るので,一定の要件を定めて人を法律上死亡したことにできる制度が用意されています。失踪宣告が出されると,その人は死んだものとみなされるので,財産の相続や,婚姻の終了といった身分関係が生じます。なお,失踪宣告には,行方不明の期間が7年間の普通失踪と,1年間の特別失踪があります。特別失踪は,船舶の沈没などの際に認められるものです。