自筆証書遺言(じひつしょうしょいごん)

民法に定められた普通方式の遺言のうちもっともシンプルなもので、自分で書く遺言書です。自分の腕で直接書くので「自筆証書遺言」といいます。有効に自筆証書遺言をするには、「全文」「日付」「氏名」を「自書」して、これに「押印」をします。方式が簡単であるだけに、法律知識がない人が作成すると、内容どおりに実行できない遺言書になる危険性があります。なお、自筆証書遺言は、遺言者が亡くなった後、家庭裁判所に提出して、「検認」の手続きをする必要があります。