死亡退職金(しぼうたいしょくきん)

民間企業の場合は就業規則などにより、公務員の場合は法律や条例により、労働者の死亡退職の際に遺族に支給される退職金です。支給順位が決まっている場合は民法上相続財産になりません。支給順位が決まっていない場合も、相続財産にならないという考え方が一般的です。もっとも、相続税法上は課税対象になります。死亡後3年以内に確定する死亡退職金が課税対象になりますが、法定相続人の数に500万円を乗じた金額までは非課税になっています。