死亡届(しぼうとどけ)

人が死亡したときに戸籍法にしたがって市町村にする届出です。人が死亡したときは、戸籍法による届出義務者は、死亡の事実を知った時から7日以内に、死亡年月日と場所などの届出をしなければいけません。届出義務者とは、同居の親族、その他の同居者、家主、地主、土地家屋の管理人です。死亡届には、原則として、死亡診断書か死体検案書を添付します。