借地権(しゃくちけん)

「建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権」のことです。賃貸借契約や地上権設定契約については民法に決まりがありますが、特に、土地の上に建物を建てて所有することを土地の利用目的にした賃貸借契約と地上権設定契約については、「借地借家法」という特別の法律で規制されています。このような契約は、主に人の住居に関わることが多いので、賃借人(借主)などの生活が簡単に脅かされることがないように、基本的には、賃借人などの権利を保護する内容で借地借家法が作られています。例えば、契約の存続期間が最低30年以上になったり、借地権の登記が不要とされたり、賃貸人(貸主)正当理由がなければ契約更新を拒絶できないなどです。