借地借家法(しゃくちしゃくやほう)

借地人や借家人を保護するためにある民法の特別法です。一般に、地主や大家に比べて、借主の立場は弱いので、借主の権利を守る必要があることから、借地や借家の賃貸借契約などについて特別の法律が用意されています。借地借家法が適用になる契約は、「建物の所有を目的とする地上権設定契約と土地の賃借権設定契約そして建物の賃貸借契約」です。したがって、駐車場契約や資材置場のための借地契約には適用がありません。借地借家法が適用になった場合、契約の存続期間、借主の権利の対抗力、契約の更新などについて強い法的な保護を受けることができます。