借家権の援用(しゃくやけんのえんよう)

内縁の配偶者が死亡して、ほかに相続人がいる場合に、内縁の配偶者が、相続人が相続した借家権を使って、変わらず同じ物件に住み続けることです。内縁の配偶者には相続権がありませんので、借家権は相続人が相続することになり、内縁の配偶者は、本来なら無権利者として物件を退去しなければならないのですが、それでは内縁の配偶者の保護に欠けることから、判例が内縁の配偶者の居住権を保護するために認めている考え方です。もっとも、借家権の援用が認められたとしても、賃料の支払いを今後誰がどうやってするのかなど問題もあります。