借家権の相続(しゃくやけんのそうぞく)

借家権とは建物の賃貸借契約の借主が持っている権利や地位のことです。借家権も財産権として相続の対象となります。つまり、借家人が亡くなった場合、相続人は、当然に借家権・借家人の地位を引き継ぎます。大家の承諾は不要です。なお、狭い意味での「借家権の相続」とは、「内縁の配偶者の借家の居住権をどのように保護するか」という問題のことを指します。内縁の配偶者には相続権がないことから、内縁の配偶者が亡くなったときに、どうやって相手方の居住の権利を保護するのかという問題が生じるのです。この点、内縁の配偶者に相続人がいないときには、相手方が「借家権を承継」できると借地借家法が定めています。つまり法律によって解決しています。内縁の配偶者に相続人がいるときは、相手方は、相続人が相続した「借家権を援用」して、居住を継続できるという最高裁判所の判決があります。判例によって最低限の保護が考えられています。