受遺者(じゅいしゃ)

遺言者の作成した遺言で、遺贈を受ける人として定められた者のことです。受遺者は、自然人でも法人でもよく、相続人でもそうでなくてもかまいません。財産を特定した特定遺贈の受遺者を特定受遺者といい、財産の全部又は割合的な一部を遺贈する包括遺贈の受遺者を包括受遺者といいます。包括受遺者は、相続人と同一の法律的取扱いを受けます。特定受遺者は自由に遺贈を放棄できますが、包括受遺者は相続人と同一の地位に立つので、相続放棄と同様の手続をしなければ遺贈を放棄できません。なお、受遺者は、遺言の内容に関して利害関係があるので、遺言の証人や立会人になれません。つまり、遺言で財産をもらう人は証人や立会人にはなれません。