修正申告(しゅうせいしんこく)

相続税や贈与税などの国税の申告をしたが、申告が間違っているなどの理由により、申告内容が過小(税金が少なすぎた)であったときに、間違いを訂正して追加で税金を支払うための手続きです。申告した納税者が自分で修正申告をする場合と、税務署の調査によって間違いを指摘され、正しく修正申告する場合があります。行政罰として「加算税」や「延滞税」が課されたり、脱税の場合は刑事罰が課されることもあります。