住宅取得等資金贈与の特例(じゅうたくしゅとくとうしきんぞうよのとくれい)

直系尊属から、20歳以上の子供に対して、住宅取得等の資金を贈与する場合に、一定金額まで贈与税が非課税になる贈与税の特例です。親や祖父母の財産を生前に子供の住宅取得資金に充当することを認めて、住宅取引や、それにともなう経済活動を活発にするために認められている特例です。直系尊属の年齢には制限がありません。子供は20歳以上で、合計所得金額が2000万円以下でなければいけません。住宅の環境性能に応じて特例を受けることができる金額が変わります。