捨印(すていん)

契約書や申込書などの書面を作成して押印する時に、後で書類の内容に間違いがあることが判明した場合に備えて、書類の欄外にあらかじめ訂正印を押印して、相手方に書類を訂正する権利を与える(相手方によって書類が訂正されることを認める)行為そのもの又はそのときに押される印鑑、印影のことです。実際に捨印を使用して間違いを訂正するには、間違いの箇所を二重線で消したりして、正しい文字を書き入れ、捨印の近くに、「何行目、何文字削除、何文字加入」などと誰が見ても訂正内容が分かるように記載します。捨印は、相手方等第三者に書類を訂正する権利を与えることになるので、重要な部分を書き換えられる危険性があります。相手方が信頼でき、合理的な理由がある場合以外は押さないほうがいいでしょう。