受贈者(じゅぞうしゃ)

受贈者(じゅぞうしゃ)とは、贈与契約によって財産をもらう人のことです。財産をあげる人のことは「贈与者(ぞうよしゃ)」といいます。さて贈与契約は、「無償・片務・諾成」の契約です。「無償」とは、財産をもらう人は代金などを支払わないという意味です。「片務」とは片一方だけが義務を負うということです。財産をあげる側だけがあげる義務を負いますが、もらう人は何もしないので、片側だけに義務があります。「諾成」とは、申込みと承諾の意思表示だけで成立し、書面作成などは契約成立の要件ではないということです。もっとも、「書面によらない贈与」は、履行が終わった部分の除いて、各当事者がいつでも撤回できることになっています。なお、これと似た言葉に、「受遺者(じゅいしゃ)」があります。受遺者とは、遺言者の単独行為である遺言によって、財産の譲渡を受ける人のことです。死因贈与契約の受贈者は、亡くなってから財産をもらえる人という意味で受遺者と非常によく似ていますが、契約と遺言は厳密には異なります。