準確定申告(じゅんかくていしんこく)

所得税は、1月1日から12月31日までの1年分の所得とこれに対する所得税を計算して、翌年の2月16日から3月15日までの間に税務署に申告納税しなければならないところ、年の途中で死亡した場合には、その人の相続人が、1月1日から死亡日までの所得などを計算して、死亡日から4か月以内に申告納税をすることになっています。これを準確定申告といいます。亡くなった人が、以下のような確定申告をしなければならない人であったときは、準確定申告もまた必要になります。

・自営業者
・給与所得が2000万円を超える人
・一つの会社からの所得以外に20万円を超えるの所得のある人