純資産価額方式(じゅんしさんかがくほうしき)

相続税法上、「取引相場のない株式」の価値を評価する原則的方法の一つです。会社の総資産や負債を相続税法上の財産評価方法で評価して、それによって計算された資産から負債などを引いて会社の価値を評価します。簡単にいうと、会社を解散した場合に配当される財産をもとに計算する方式です。ところで、相続税法上、株式は、「上場株式」「気配相場等のある株式」「取引相場のない株式」に分類されます。上場株式は市場株価をもとに、気配相場等のある株式は日本証券業協会の公表取引価格などにより評価しますが、取引相場のない株式については客観的な価格がないので、国税庁が、財産評価基本通達において、会社の規模などに応じて詳しく評価方法を定めています。取引相場のない株式の評価方法には、この「純資産価額方式」のほかに、「類似業種比準方式」「併用方式」「配当還元方式」があります。