準正嫡出子(じゅんせいちゃくしゅつし)

準正嫡出子(じゅんせいちゃくしゅつし)とは、「生来嫡出子(しょうらいちゃくしゅつし)」ではない子供が、後になって、嫡出子の身分を取得することです(又は、その場合の子をさしていいます。)。これには「認知純正」と「婚姻準正」があります。嫡出子とは、「父母の婚姻によって」とか「法律上の婚姻関係にある男女を父母として」と表現される状態で生まれた子のことです。非嫡出子とは、そうでない状態で生まれた子のことです。認知純正とは、父母が婚姻してから父によって認知され嫡出子の身分を取得すること、婚姻準正とは、父によって認知された後に父母が婚姻して嫡出子の身分を取得することです。なお、「生来嫡出子(しょうらいちゃくしゅつし)」とは、生まれながらにして、嫡出子の身分を取得している子供のことです。