障害者控除(しょうがいしゃこうじょ)

相続税の税額控除の一つで、相続人が85歳未満の障害者であるときに、一定額を相続税額から控除できる制度です。「税額控除」とは、計算された各人の相続税額から、最後に引くことができる金額のことです。障害者控除の金額は、6万円に、障害者が85歳になるまでの年数を掛けて計算します。特別障害者の場合は、12万円を掛けて計算します。なお、相続税の税額控除には、「暦年課税分の贈与税額控除」「配偶者控除(税額軽減)」「未成年者控除」「数次相続控除」などがあります。