自用地(じようち)

「自用地」とは,相続税法上の用語で,他人に貸さずに自分で使用している宅地のことです。他人の権利による制限がないので,その価値は比較的高く評価されます。