熟慮期間(じゅくりょきかん)

相続が開始して,相続人が,相続を承認するか,相続を放棄するかをよく考えて決めることができる期間のことです。相続人は,自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に,相続の承認をするか放棄をするかを決めなければいけません。この3か月という期間を熟慮期間といいます。通常,相続財産がたくさんあれば,相続人は,相続を承認します。負債が多く,相続財産が債務超過になっていれば,相続を放棄するでしょう。財産のことがよく分からなければ,プラス財産の範囲でマイナス財産の責任を負う限定承認という方法を選択することもできます。なお,相続を承認する場合,相続人は何もしなくてかまいません。3か月が経過すれば自動的に承認したことになります。相続の放棄や限定承認をするときは,この期間内に家庭裁判所にその旨の申述(申立て)をしなければなりません。