審判分割(しんぱんぶんかつ)

家事事件手続法にもとづき,家庭裁判所の家事審判によって裁判所に決めてもらう
遺産分けの方法です。裁判所の審判によって行う遺産分割ですから,これを「審判分割」と呼びます。通常相続が開始して,相続人が複数いる場合,その共同相続人間の話合いで遺産分けをします。この話合いを遺産分割協議といい,話合いでする遺産分割の方法のことを「協議分割」といいます。通常話合いがうまくいかない場合,相続人は,まず家庭裁判所に調停を申し立てます。調停とは,裁判所でする話合いのことです。これで話がまとまれば,調停調書という書類を作って遺産分割は終了しますが,そのような方法でする遺産分割の方法を,「調停分割」といいます。ところで,遺産分割の方法は,被相続人が遺言で指定することもできます。遺言によって遺産分割の方法が決まっているようなケースを,「指定分割」といいます。