推定される嫡出子(すいていされるちゃくしゅつし)

嫡出子とは,両親の法律上の婚姻関係から生まれた子供のことをいいますが,一定の場合には,この嫡出子であることが民法によって推定されます。この嫡出性の推定が及ぶ子供のことを「推定される嫡出子」といいます。具体的には以下のとおりです。

・妻が婚姻中に懐胎した子
・婚姻の成立の日から200日後に生まれた子
・婚姻終了の日から300日以内に生まれた子

なお,父親がこの嫡出の推定を覆すには,「嫡出否認の訴え」という特別の訴えによらなければなりません。