推定されない嫡出子(すいていされないちゃくしゅつし)

嫡出子とは,両親の法律上の婚姻関係から生まれた子供のことをいい,以下のような場合は,嫡出子であることが法律上推定されます。

・妻が婚姻中に懐胎した子
・婚姻の成立の日から200日後に生まれた子
・婚姻終了の日から300日以内に生まれた子

ところで,婚姻の成立の日から200日以内に生まれた子は,両親の婚姻後に生まれた子ですから,戸籍には夫婦の実子として記載されますが,法律上の嫡出推定はされません。例えば婚姻から3日後に生まれた子は,夫婦の子として登録できますが,婚姻前は自由恋愛が可能なことに鑑みて,法律上夫婦の子である推定まではしていません。このような,法律上の嫡出推定はされないが,嫡出子として戸籍登録ができるような子のことを,「推定されない嫡出子」といいます。
なお,父親が子の嫡出関係を争うには,「親子関係不存在確認の訴え」を提起すれば足り,「嫡出否認の訴え」のような特別の制限は受けません。