推定の及ばない子(すいていのおよばないこ)

形式的には法律上の嫡出推定が及んでいるが,そもそも推定の前提条件を欠いていて,推定を及ぼすことが妥当ではない子のことです。
さて,嫡出子とは,両親の法律上の婚姻関係から生まれた子供のことをいい,以下のような場合は,嫡出子であることが法律上推定されます。

・妻が婚姻中に懐胎した子
・婚姻の成立の日から200日後に生まれた子
・婚姻終了の日から300日以内に生まれた子

ところで,婚姻成立の日から250日後に子供が生まれたが,そもそも性交渉によって懐胎可能な期間中,父親となるべき男性がずっと刑務所に収監されていた場合はどうでしょうか。この場合,形式的には嫡出推定が及びますが,子がこの男性の実子であるはずがありません。よってこのようにして生まれた子を「推定の及ばない子」として,「推定される嫡出子」と区別しています。