推定相続人(すいていそうぞくにん)

ある人が今死亡したら,相続人になるような立場の人を「推定相続人」といいます。相続は,人の死亡によって開始するので,実際にその人が死亡するまで,相続人は確定しません。先に推定相続人のほうが死亡したり,推定相続人が相続欠格に該当したり,相続人廃除の審判が出されて,相続人が変更になることもあるからです。よって,推定相続人の立場は単なる「期待権」に過ぎず,推定相続人であることによって直ちに何らかの権利を行使できるものではありません。