精通者意見価格(せいつうしゃいけんかかく)

税務当局が財産評価をするときに使用される言葉で,専門的な知見を用いなければ財産の評価をすることが難しい場合に,各種の専門家の鑑定結果などによって得られた財産の価格のことです。不動産であれば不動産鑑定士等,書画・骨董品であれば美術鑑定人等の意見もとに算出された価格がこれにあたります。