成年後見登記事項証明書(せいねんこうけんとうきじこうしょうめいしょ)

本人に成年後見人等が付いているのかいないのか,いる場合はそれが誰で,どのような権限があるのかを,国(法務局)が公的に証明した書類です。
判断能力が不十分な人は1人で正しく契約などの法律行為ができませんから,後見人などの援助者が選ばれて,本人を援助することになっています。例えば,認知症で本人の判断能力がまったく無くなったときは,裁判所によって本人のために成年後見人が選ばれて,本人に代わって契約などの法律行為を行います。
成年後見人が選ばれると,法務局に成年後見登記がされます。本人に成年後見人が付いてることを明らかにするためです。
成年後見人は,本人に代わって法律行為をしたり,本人の財産を管理したりしますが,相手方に自分が成年後見人であって,本人の正規の代理人であることを証明しないといけません。相手方は,それを見て,成年後見人を名乗る人と取引していいかどうかを決めるのです。