成年後見人(せいねんこうけんにん)

判断能力の不十分な人は1人で確実に契約などの法律行為をすることはできません。法律は,ちゃんと自分で判断できる人がした行為にだけ,法的な責任を発生させるという考え方をとっているからです。判断能力が不十分な人には,法的な援助者をつけて,こららの人が正しく法律行為をすることができるような仕組みを用意しています。これが「成年後見制度」です。
成年後見制度には,判断能力が衰える前に,契約によって,自分で援助者を決めておく「任意後見制度」と,判断能力が衰えた後に,裁判所によって,援助者を決めてもらう「法定後見制度」があります。
法定後見制度は,本人の判断能力の程度に応じて,「後見」「保佐」「補助」に別れ,できるだけ本人に残っている能力を活かすような仕組みになっています。種類ごとに,本人ができること,援助者ができることが違うのです。
さて,「成年後見人」とは,法定後見のうち,本人が,後見の程度にある場合に,裁判所によって付けられる援助者であり,本人の法定代理人です。後見の程度とは,本人に法的な判断能力がまったくないのが常であるようなケースです。この場合,本人はまったく法律行為ができないので,成年後見人がすべての法律行為や財産管理を代わって行います。つまり成年後見人は,法律行為や財産管理に関しては,完全に本人に成り代わって代理するのです。