葬祭費(そうさいひ)

一般的な意味では,葬儀費用などのことを意味しますが,ここで説明するのは,保険制度によって,被保険者の死亡時に給付される金員のことです。
国民健康保険,後期高齢者医療制度,健康保険などでは,被保険者などが死亡したときに,埋葬を行った人に対して,「葬祭費」や「葬祭料」,「埋葬料」などの名目で一定の金員が支給されることになっています。例えば,国民健康保険の被保険者が死亡したときは,埋葬を行った喪主に対して,葬祭費として5万円が支給されます。