相次相続控除(そうじそうぞくこうじょ)

ある相続の開始前の10年以内に,この被相続人が相続人となって財産を取得している場合に,今回の相続の相続税を軽減してくれる相続税法上の制度です。例えば父親が亡くなって妻と子供が相続し,相続税を支払っているとします。その後すぐに母親が無くなった場合にも相続税がかかるとします。このケースにおいて,両方の相続に通常どおり相続税を課税するとこの家族の負担が大きいので,今回の母親の相続については,父親の相続のときに支払った相続税の一部を額を引いて,相続税の支払い額を軽減してくれるものです。