相続回復請求権(そうぞくかいふくせいきゅうけん)

正規の(真正)相続人が,見せかけだけの偽者の(表見相続人)に対して,相続権の確認を求めるとともに,相続権の侵害を廃除して,相続財産の一括返還など,相続権の回復を求める権利のことです。民法884条には,以下のように書かれています。
民法884条
相続回復の請求権は,相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から5年間行使しないときは,時効によって消滅する。相続開始の時から20年を経過したときも,同様とする。
この請求権は何のために認められているのか,なぜ5年の短期の消滅時効にかかるのかなど,昔から法律家の間でいろんな議論のある権利です。