相続欠格(そうぞくけっかく)

本来なら法定相続人になる人が,ある事実に該当することによって,法律上当然に相続人にならなくなる制度のことです。民法891条に詳しく書いてありますが,簡単にまとめると以下のとおりです。

・故意に被相続人や相続で優先する人を殺し,殺そうとしたため,処罰された人
・被相続人が殺されたことを知ったのに,告訴告発しなかった人
・詐欺や脅迫によって被相続人の遺言書作成行為に関与した人
・被相続人の遺言書を偽造変造したり隠したりした人